排雪

2日(26,27日)ほど続いた荒れた天気もひとまず収まり

昨日(28日)はあちこちの道路では路肩にたまった雪を取り除く「排雪」作業が行われました。







画像


普段の「除雪」作業では道路の雪を路肩にまとめるだけなので

除雪を繰り返すとどんどん雪がたまってきます。

このたまった雪を取り除く作業を「はいせつ=排雪」と呼びます。



最初の作業は上の写真のようにロータリー除雪車が

ダンプカーに道路脇の雪を載せていきます。

常に同じ動きで並び進んでいきます。

ここが「排雪」の一番の見所!









画像


ロータリー除雪車の後ろには空のダンプカーが並んでいます。








画像


その後ろからスノープラウをつけたトラックが残りの雪をどかして走ります。







除雪車好きにはたまりませんね(笑)。















12月29日の気象
沓形(島西部)最高-5.8℃ 最低-9.8℃  最大瞬間風速 西北西13.3m
本泊(島北部)最高-5.9℃ 最低-10.7℃  最大瞬間風速 西北西15.4m
  



こちらもどうぞ

利尻島のネイチャーガイド、花散策、タウンガイド
利尻・島ガイドセンター
http://www.rishiri-shimaguide.jp/













この記事へのコメント

nabecchi
2012年12月29日 21:46
交通量少ないから出来るのかな?
並んで走っていると、壮観でしょうね!!
除雪は、いつでもお目にかかれるけど、排雪はね~・・
記憶にないかもしれません。
にっしー
2012年12月30日 13:24
>nabecchiさん

都市部では交通量の少ない夜間や深夜にやってるようです。
なかなかの眺めですよ。
今度見られるといいですね。
先生
2012年12月30日 17:17
 寒くても、車の好きな人には、ず~と見ておきたい作業でしょうね。九州では見られない風景です。
にっしー
2012年12月31日 00:36
>先生さん

そうですね。まったくその通りです。

この記事へのトラックバック