余韻

雨上がりの沼に不思議な模様が浮かんでいました。


画像






自宅では子どもがアイランダーの余韻に浸っています。

画像


沖縄県渡嘉敷島の慶良間太鼓をイメージ。

指笛のマネもしています。









6日の気温
沓形(島西部)最高+4.5℃ 最低-1.4℃ 最大風速 南南西6m
本泊(島北部)最高+3.5℃ 最低-2.0℃ 最大風速 南西10m
 

こちらもどうぞ
利尻・島ガイドセンター
http://www.rishiri-shimaguide.jp/











この記事へのコメント

R
2010年12月07日 11:44
鳥がいた跡かなと思いました。でも雨上がりということは沼もまだ凍るほどではないから違うかな。なんの模様だろう。不思議ですね!
にっしー
2010年12月07日 23:26
>Rさん

こんばんは。
説明が不足していました。
一度凍った後の雨に現れた模様です。
氷が厚い部分なのでしょうか。
先生
2010年12月09日 10:45
 雨上がりの沼(何沼ですか)の模様は不思議です。何かな~。
 一樹君の遊びは、素晴しい!!よほど印象に残ったのでしょうね。
にっしー
2010年12月09日 10:57
>先生さん

こんにちは。
オタトマリ沼の湖面です。
凍っていたところに雨が降ってこんな絵柄を作ったのだと思います。

子どもはすっかり太鼓好きになっています。

この記事へのトラックバック