礼文島にて

久しぶりに礼文島に出かけました









画像


霧に包まれた礼文島らしい風景










画像


遊歩道脇にも花々

レブンハナシノブ(礼文花忍)








画像


珍しい八重咲きのミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)








画像


利尻島でもおなじみのチシマフウロ(千島風露)も満開








つかの間の旅気分を味わいました











19日の気温
沓形(島西部)最高+21.9℃ 最低+15.2℃ 最大風速 南5m
本泊(島北部)最高+22.9℃ 最低+13.4℃ 最大風速 南西9m
 

こちらもどうぞ
利尻・島ガイドセンター
http://www.rishiri-shimaguide.jp/

この記事へのコメント

先生
2010年06月21日 08:08
 この時期の礼文島は、やはり花がきれいですね。
 8月の後半にしか行ってないので、たくさんの花を見ていません。
 利尻島はよく見えましたか?写真によくありますね。
 いつかこの時期に利尻・礼文と旅したいです。
keina
2010年06月21日 15:57
いまさらですが、にっしーさんいいところにお住まいですねえ。
両島におじゃましたのがちょうど1年前です。高山植物の種類の豊富さと美しさ。
関東では2000M級の山に咲くフウロが海からすぐのところに咲いている不思議さ。そうそうあの旅行は、レブンアツモリソウを一度でもいいから見たい
との思いで行ったんですが、もういちど見たくなりました。
そして利尻富士が映った神秘の姫沼も・・。
にっしー
2010年06月23日 09:22
>先生さん

どっぷりと霧の中で利尻島は見えませんでした。
花の見応えはありましたよ。
にっしー
2010年06月23日 09:24
>keinaさん

もう1年になるんですね。

礼文島は利尻では山の上の方と海岸線に
別々に見られる花が同じ場所で見られるので
利尻島民でも不思議です。

またぜひ遊びに来てください。

この記事へのトラックバック