漂着物:エプソンインクカートリッジ

13日、極寒の浜辺でビーチコーミングを楽しみました。

ビーチコーミングは浜によった漂着物を見たり、拾ったりして楽しむものです。

この日は気温も低く、風も冷たくて、楽しむどころではなかったのですが、

すごいものを見つけました。







画像



画像


エプソンのインクカートリッジです!!






これだけ見てもただのゴミのようにしか見えませんが

これ、漂着物学会などによると

2006年7月に韓国沖で貨物船が台風の被害にあって

コンテナが海中に落下し、その中の積荷だった品なのです。

私が利尻島で見つけたのは初めてです。

事故から3年以上も経過していますが

今でも海を漂っているのですね。








この先、北はどこまで流れ着いているのでしょうか・・・

きっとサハリンにも漂着しているはず。

確かめることはできませんが

海のスケールの大きさに改めて驚き。








エプソンンのインクカートリッジの漂着に関して

エプソン
http://www.epson.jp/osirase/info070201.htm

北のビーチコーマー
http://northernbc.exblog.jp/10717506/

Beachcomber's Logbook
http://beachcomb.exblog.jp/d2009-12-14


ビーチコーミングを楽しもう!

漂着物学会
http://www.drift-japan.net/








14日の気温
沓形(島西部)最高-4.8℃ 最低-8.4℃  
本泊(島北部)最高-4.2℃ 最低-7.5℃


こちらもどうぞ
自然ガイド 利尻森の雫
http://www7b.biglobe.ne.jp/~rishirimorinoshizuku/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

なぎママ
2009年12月15日 11:31
3年以上、海を漂っていたのですね・・・。
世界の海は繋がっていて、とてもとても広いと言う事。
わかっていてもなかなか実感できませんが、こういうことがると、あらためて思い知らされますね。
害は無いと書いてありましたが、間違ってこれらを食べてしまう動物に害がなくはないでしょうし・・・。

しかし、遠く旅して届いた品々。
どこでいつ失われたのかはっきりわかっりわかるなんて、すごいですね~!!
ビーチコーミング、一度体験してみたいです(^^)
akihiko1998
2009年12月15日 19:48
エプソンのインクカートリッジ今だにあちこち漂っているのですね。わたしは今年の秋、隠岐道後の海岸でカートリッジ見かけました。今年は石狩あたりでは見ていませんが、雪が溶けたら北海道の日本海沿岸ではまた見つかるかもしれませんね。
それからわたしのブログへのトラバありがとうございました。
にっしー(利尻森の雫)
2009年12月16日 09:20
>なぎママさん

おはようございます。
海のつながりの広さや大きさを感じますよね。
出所がはっきりしているので
余計にスケールの大きさを感じます。

利尻島にお越しのときには一緒に浜辺も歩いて
ビーチコーミングも楽しみましょう!
にっしー(利尻森の雫)
2009年12月16日 09:22
>akihiko1998さん

おはようございます。
3年も経つのにまだまだ流れ着くとは
一体どこを漂っているのでしょうか??
雪解け後が楽しみです。

この記事へのトラックバック