利尻島の海岸線

利尻島の海岸線はその昔、利尻山の噴出物が冷えて固まった岩が

連なりゴツゴツ、凸凹しています。










画像


この奇妙な溶岩が延々と続く海岸で遊ぶのが

親子ともども大好き。

子どもはタイドプールに石を放り投げて遊んでいます。








画像


大人の足ではなんてことない段差も子どもには一苦労。











画像


おかげでなかなか先へ進まないので

いろんなものが目に留まります。

これはエゾアワビ、もちろん殻だけです。








画像


「ウニガラ!ウニガラ!」







画像


こんなモノも見つけましたよ!



今まで何十回と同じところを歩いているのにこれには気づいていませんでした。



子どものスピードで歩くのもいいものです。








今日の気温(22時現在)
沓形(島西部)最高12.4℃ 最低5.3℃  
本泊(島北部)最高12.0℃ 最低5.0℃



こちらもどうぞ
自然ガイド 利尻森の雫
http://www7b.biglobe.ne.jp/~rishirimorinoshizuku/








この記事へのコメント

先生
2009年10月24日 08:40
 楽しそうですね。都会にはない自然のなかで遊べる子どもは本当にしあわせです。きっと、一樹くんの心の中に一生残っていることでしょう。そして、想像力の豊かな子どもに育つことでしょう。
なぎママ
2009年10月24日 10:24
きゃ~~、可愛い~~(^^)
穴から覗き込んでいるそのお目目も、うにがらを持つその手、その指、そしてその口元が、なぁんて可愛いんでしょ!!

こういう場所、子供には最高の遊び場ですよね!!
流行の遊園地だって敵わないように思います(^^)
なぎも大好きですよ~。
ちょうど昨日のなぎブログも、場所は違いますが、岩場を楽しんでいる姿です(^^)
2009年10月26日 13:51
小さな岩に取り付くお子さんの 懸命に登る姿に
思わず声をかけたくなります。
子供だけで遊ぶには危険な磯は、大人の監視が
きく時に遊ばせていろんな事を覚えて欲しいですね。
そのうち禁止されても独りで遊びに行くようになり
ますからねぇ。
昔は、年長のお兄さん達から沢山教わりましたよ。
にっしー(利尻森の雫)
2009年10月27日 12:05
>先生さん

こんにちは。
貝やウニの殻を見つけたり、潮溜まりに石を投げたり
忙しそうに遊びまわっています。
にっしー(利尻森の雫)
2009年10月27日 12:09
>なぎママさん

こんにちは。
一日中外で遊んでいるせいか色黒、ほっぺ真っ赤
肌カサカサです。
利尻島には遊園地はありませんが海も森もどちらの
遊びも楽しめます。
なぎくんの岩場を歩く姿も拝見しましたよ!
にっしー(利尻森の雫)
2009年10月27日 12:11
>ログの大好きな徳さんさん

こんにちは。
冬の海は近づくのも大変なので今のうちに
たくさん磯遊びをさせておきたいと思っています。
残念ながら子どもが磯で遊ぶ姿って
あまり見かけないのですよね。
夏休み中はたまに見かけますが・・・。
2009年10月31日 13:49
利尻の海はこんなに黒っぽくゴツゴツしていたのですね。
子供はこのようなところで遊ぶのが好きですね。
無邪気です。部屋でゲームをして遊ぶより何と健康的なことか
にっしー(利尻森の雫)
2009年10月31日 23:00
>ミニミニ放送局さん

こんばんは。
海岸線に奇岩はミニミニ放送局さんが登山された利尻山から
流れ出た溶岩が冷えて固まったものです。

子どもの目線で一緒に歩くと発見があって
楽しいですね。

この記事へのトラックバック