外来種除去作業3本立て

今日1日、島内3カ所で外来種の植物の除去作業を行いました。


画像


まずは利尻山登山道鴛泊コースの登山口から甘露泉水までの間。

シロツメクサ(白詰草)
アカツメクサ(赤詰草)
ハイキンポウゲ(這金鳳花)の仲間
コウリンタンポポ(紅輪蒲公英)など








続いて午後からは

画像


南浜湿原にて当ブログにも何度か登場している

オオハンゴンソウ(大反魂草)を。









最後に

画像



画像


沼浦海岸でオニハマダイコン(鬼浜大根)を除去。

こちらは初めての試み。






抜く作業はマジマジと植物を見ることができるので

いろいろと発見があったりします。









今日の気温(23時現在)
沓形(島西部)最高20.4℃ 最低12.7℃  
本泊(島北部)最高19.7℃ 最低12.1℃



こちらもどうぞ
自然ガイド 利尻森の雫
http://www7b.biglobe.ne.jp/~rishirimorinoshizuku/



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

なぎママ
2009年07月22日 07:02
そっか、こちらでは当たり前のシロツメクサも、だんだん姿を消しつつあるアカツメクサも、利尻では外来種なのですね!!

我が家の庭の草むしりをしてあげようと思うのですが、一度したら、母の大事な草花まで抜いてしまったようで、がっかりされて以来、よけいなことはしていません(^^;

そんな作業と比べるのは申し訳ないのですが、外来種のみ抜いていく作業って、知っていないとできないし、マジマジと植物を見ることになりますよね!!

よし、私も、勉強のつもりで草むしりをしたら、楽しめるかな~(^^;
竹取姫
2009年07月22日 09:29
利尻山登山道鴛泊コースの登山口から甘露泉水までの間は
結構長い距離ですよねぇ。利尻山を守る為の外来種除去作業
大事なのですね。本当に御苦労さまです。
じっくり植物を見れることによって、新発見があるとの事
そんなにじっくり見られている植物、きっと喜んでいることでしょう。
利尻島は、今観光客でにぎわっている事でしょうね\(^o^)/
先生
2009年07月22日 22:43
 シロツメクサもアカツメクサも明治の初めに外国から来たと聞きました。品物を詰めたので詰め草とよんだとか・・・
 お疲れさんでした。
にっしー(利尻森の雫)
2009年07月22日 22:50
>なぎママさん

こんばんは。
アカツメクサはそちらではなくなってきているのですか?

私も見分けがつけられなかった植物が過去にあります。
見分けが細かくて今でも迷ってしまうものもあるのですが。

ひと口に雑草と言ってもよーく見ると
色々と発見があるかもしれませんよ!

にっしー(利尻森の雫)
2009年07月22日 22:51
>竹取姫さん

こんばんは。
距離は500mくらいです。
量が多いし抜くのに手ごわいのがあったりで
なかなか減りませんね。

気長にやります。
にっしー(利尻森の雫)
2009年07月22日 22:52
>先生さん

こんばんは。
そうです、今で言うプチプチの代わりです。
ツメクサの由来は。
2009年07月25日 14:26
始めまして
先日利尻山を楽しんできました。
除草作業は大変ですね。
利尻の自然を守る為にこのような作業をしている事は敬服します。
登山口に足洗い場が作ってありましたがしっかり洗って入山しました。
ハイマツの緑と雪渓、健気に咲く高山植物には心癒されます。
にっしー(利尻森の雫)
2009年07月25日 21:53
>ミニミニ放送局さん

こんばんは。
こちらこそはじめまして。
コメントありがとうございます。

利尻山登山はいかがでしたか?
足洗い場は今シーズンから設置されました。
また季節を変えて遊びに来てください。

この記事へのトラックバック