ファウラ24号「北の”二つ島”礼文・利尻」

宣伝コーナーです。

北海道の第一線の自然写真家たちが伝える北海道発の写真誌

「ファウラ」の最新号が発売されました。

今号は「北の”二つ島”礼文・利尻」と題した特集が組まれています。

画像


なかなか見ごたえ、読みごたえのある内容です。

余談ですが私もコラムを書かせていただきました。

佐藤ガイドは利尻島のバードウォッチングガイドなどを執筆しております。



利尻礼文の旅のお供にいかがですか?



下記から通信販売されています。

ファウラショップ+
http://www.naturally.co.jp/faurashop/








今日の気温(22時現在)
沓形(島西部)最高14.3℃ 最低7.6℃  
本泊(島北部)最高 9.8℃ 最低7.2℃


こちらもどうぞ
自然ガイド 利尻森の雫
http://www7b.biglobe.ne.jp/~rishirimorinoshizuku/



この記事へのコメント

先生
2009年06月16日 09:02
 表紙の写真の花はレブンアツモリソウですか?
 今すぐにでも行きたくなる写真です。利尻・礼文の一番良い季節はやはり今頃なのでしょうか?私は仕事の関係で、八月下旬にそちらに行ったので、咲いている花はやはり限られていました。もちろんその時期も素敵な花は咲いていましたが・・・
竹取姫
2009年06月16日 09:41
憧れの島、利尻島・礼文島。まだ残っている日本の自然。
とても大切にしたい、島ですね。この自然を守るために
色々な人々の活動があるのでしょうね。にっしーさんが
山に登る前に、一人一人の旅行者の靴を丁寧にたわしで
洗ってくださったのは、とても印象にの残っています。
「ファウラ24号「北の”二つ島”礼文・利尻」購入します。
なぎママ
2009年06月16日 12:26
またまた魅力的な1冊ですね~♪
熟読して、利尻へ行かなくっちゃ!!

本格的にお邪魔するとして、なぎをつれて利尻島へ行こうと思った場合、1日でもそこそこ満足できるものかしら!?
あるいは、何日くらいかけてお邪魔するのがおすすめかしら!?
rip
2009年06月17日 20:54
ガイドPRの場にもなると思い、依頼を急にふって申し訳ありません。どんな感じでしたか~?
にっしー(利尻森の雫)
2009年06月18日 00:20
>先生さん

こんばんは。
表紙はレブンアツモリソウです。
「いい時期」はいつかというご質問は
なかなか答えづらいのですが。
平地で野の花を見るには5月後半から7月上旬くらいがいいかなと思います。
にっしー(利尻森の雫)
2009年06月18日 00:22
>竹取姫さん

こんばんは。
靴底洗いにはご協力いただきありがとうございました。
今年から外来植物の防除のための靴底洗い場ができました。
私、タワシを持ち歩かなくていいようになりました。

ご購入ありがとうございます。
にっしー(利尻森の雫)
2009年06月18日 00:26
>なぎママさん

こんばんは。
ファウラの今号はおすすめです!

日程ですが丸1日(2泊:前後泊)はとっていただきたいです。
後はお時間の許す限りまたは季節を変えて訪れていただければより深く楽しめますよ。
にっしー(利尻森の雫)
2009年06月18日 00:28
>ripさん

こんばんは。
今回はどうもありがとうございます。
おかげさまで次回も依頼をいただきました。
ちょっと不思議な感じで私もとても楽しみました。
また何かありましたら声をかけてください。
ブナの森インチキクライマー
2009年06月20日 23:47
買っちゃいました!!
写真も良いし、内容も良いです。
おっ 次回もコラムを書くんですね。 作家デビューも近いのでは?
にっしー(利尻森の雫)
2009年06月21日 21:26
>ブナの森インチキクライマーさん

こんにちは。
私もいいと思いますよ!!
コラムはいえいえ今回だけです。
物書きもいいですねー。
あこがれです。

この記事へのトラックバック