私のブログが・・・

前回のワークショップでのできごと

会の最後に国交省の方が「地域づくりを考えるワークショップ」というテーマで

パワポを使い話題提供。

利尻礼文をさまざまな切り口で解説していった中の

「地域からの情報発信」という項目で

いくつかのブログやHPの中に、このブログがでてきました。

「リアルタイムな状況はわかりますが、観光にはつながっていませんね」と。

自分が知らないうちにネタにされているとは。

笑えた。


画像



写真は今日、海岸線を歩いていたときの一コマ。

溶岩の上にもしゃもしゃと生えているのは

枯れたハマナス(浜梨)。

先端にドライフルーツになった実がついています。

バックの青空には飛行機雲が一直線。



今日の気温(22時現在)
沓形(島西部)最高1.4℃ 最低-3.4℃  
本泊(島北部)最高0.2℃ 最低-4.4℃


こちらもどうぞ
自然ガイド 利尻森の雫
http://www7b.biglobe.ne.jp/~rishirimorinoshizuku/

この記事へのコメント

rip
2009年02月05日 23:08
情報発信する側にも意識が必要でしょうが、個々のものを一方的に観光に結びつけるのは官僚的な考え方ですね。地域を知るには、地域の日常が一番重要で、実はそこに観光のヒントも潜んでいると私は思っています。それぞれの視点があってしかるべきだと思いますがね。ところで、私のブログもネタにされていましたか?
竹取姫
2009年02月06日 09:36
国交省の方も来られていたのですねぇ。
日本地図を見ると、北海道にある2つの小さな島!
だれでも行って見てみたいと思うはずです。
そして又行きたいと思うような、色々な所での知恵が一元化されれば
旅行者のハートは熱く動くし、またまた行くぞ!!・・・
となると思います。やっぱり大自然が良かった。
にっしー(利尻森の雫)
2009年02月06日 12:10
>ripさん

こんにちは。
残念ながらripさんのブログは出てきませんでした。
私はripさんのブログ楽しみですよ。
住んでいる場所が違うので様子の違いが良く分かります。

それと日常を知ることは重要ですよね。
私もそう考えます。
ただ日常は生活者にとっては常日頃のことなので
なかなかそこから掘り起こすことは難しいと思います。
今回とは別の機会でどこかのコンサルの方が
町おこしは往々にして「よそ者、若者、ばか者」がやる。
と言ってたのも分かるような気がします。
何気ない日常の中での「気づき」が大切だと思っています。
にっしー(利尻森の雫)
2009年02月06日 12:13
>竹取姫さん

こんにちは。
「日本の端っこって一体どんなところなんだろう」
かつて私も地図をみながら思いをめぐらす
時期がありました。

情報の一元化ですね。
ありがとうございます。
先生
2009年02月06日 18:09
 わ~びっくりしました。そんな場面にこのブログが出てくるとは・・・ ブログはアルタイムは素敵ですよ。自分の住んでいる場所といつも比較しながら見ています(気候とか自然とか)。日本に住んでいて何度でも行きたいところは、北海道と京都と上高地です。利尻、礼文は交通の便がよければすぐ行けますが・・・それから、私は星を見るのが趣味なので、北緯45度での北極星の見えるところをセットしてもらえればいいと思います。以前知床のウトロで、朝方北斗七星のアルフアーとベエターが終極星(こんな言葉があると思いますが)として輝いているのを見てとても感激しました。九州では、アルフアーとベエターは終極星ではないのでいつもは見られません。スターウオッチングは非進めてください。
 ハマナスの上の飛行機雲、例によってきれいですね。こちらにはない景色で羨ましいです。旅にでたくなります。
にっしー(利尻森の雫)
2009年02月07日 00:07
>先生さん

こんばんは。
本人もビックリしました。

いいですね、上高地。
山から下りてきて小梨平キャンプ場で
風呂入って、ビール飲んで、
梓川のほとりでボーっと過ごすのは
とてもシアワセなひと時でした。
久しぶりに出かけてみたくなりました。

周極星ですか。
北の空は緯度高くなるほどよく見えますものね。
星空観察会も実施していますので
来島の際にはご利用ください。

この記事へのトラックバック