調査の仕事で造林地へ。

利尻島の海岸線は木がないところが多く、

今日の現場も車を降りてから森に入るまでの間、

吹きさらしの中を1.2kmほど歩くことになります。

風がなければいいのですが・・・なかなかそのような時は少なく、

風上側の頬が痛くなります。

画像



画像



上の2枚の写真の様子の違いがわかりますか。

防風林や防雪林が果たしてくれる役割を体で感じるときです。






今日の気温(23時現在)
沓形(島西部)最高-5.3℃ 最低-9.1℃  
本泊(島北部)最高-6.4℃ 最低-9.0℃


こちらもどうぞ
自然ガイド 利尻森の雫
http://www7b.biglobe.ne.jp/~rishirimorinoshizuku/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

竹取姫
2009年02月19日 09:06
2枚の写真の様子の違いが大変良くわかります。。
防風林や防雪林が果たしてくれる役割が大変大きいのですね。
それにしても、冬の季節の長さと厳しさを感じてます。
この冬の厳しい季節の楽しみはなんでしょうか?

先生
2009年02月19日 10:27
 社会科の勉強で、防風林、防雪林とかの意味を学びますね。この写真はそれのお手本になりそうです。でも、写真で見るのと体感するのでは、寒いよ~、全然違うでしょう。寒い中お疲れ様です。体に気を付けてね。1キロ以上も歩くのは本当に大変でしょう。
 最高も最低気温も零下というのはちょっときついですね。でも、昔から北に住む人はがんばってきたのだな、偉いなと尊敬します。調査の仕事とはどんなことをするのですか?
にっしー(利尻森の雫)
2009年02月21日 10:23
>竹取姫さん

こんにちは。
冬の厳しい季節の楽しみは
のんびり、ゆったり過ごすことですかね。
私の場合は。
にっしー(利尻森の雫)
2009年02月21日 10:25
>先生さん

こんにちは。
調査は樹種、樹高、胸高直径を調べることです。

気温が低くても風がないといいのですが。

この記事へのトラックバック