地域づくりを考えるワークショップ

資源の再発見と地域づくりを考えるワークショップに参加しました。

画像


水産と観光の2グループに分かれて問題点を洗い出しをした後、

改善策などの意見が出されました。

具体的な解決策までとは行きませんでしたが、

水産と観光はもっと密接に関わっていかないといけないということが

改めて浮き彫りになりました。





今日の気温(22時現在)
沓形(島西部)最高-6.5℃ 最低-4.5℃  
本泊(島北部)最高-6.1℃ 最低-4.8℃


こちらもどうぞ
自然ガイド 利尻森の雫
http://www7b.biglobe.ne.jp/~rishirimorinoshizuku/

この記事へのコメント

竹取姫
2009年02月03日 09:40
資源の再発見と地域づくりを考えるワークショップに参加。
きっと良いアイデアが(知恵)が出ると信じます。
利尻島の発展にも、地球を守るためにの、頑張ってください。
いつもでも、自然がいっぱいの利尻島であって欲しい
と願っています。
先生
2009年02月03日 17:27
 この会議の日は、寒い日だったようですね。
 観光と水産、たしかにもう少し結びつくといいかも。
 水産業は他にないいい資源があります。観光の土産にもっと宣伝して、みんなに知ってもらうことでしょうね。・・地方といえばお土産はこれとだれもが言えることが大事でしょう。うにとコンブは私は大好物です。北海道に行った時は必ず、1度はうに丼を食べます。九州で食べるのとは違います。コンブのおだしもおいしいです。
 観光も素敵ですが、夏場に行ったとき、食事にお野菜が高いので(たしか大根だったと思います)付いてなくてちょっとさびしかったです。クーラーもありませんでした。ほんのひと時だと思いますが、そんなことを思いました。姫沼はよかったです。
 いい知恵を出してがんばってください。
にっしー(利尻森の雫)
2009年02月04日 22:21
>竹取姫さん

こんばんは。
どうもありがとうございます。
次回利尻島へお越しの際に
「あのワークショップから生まれた」と
ご紹介できるようなものが作れるよう
努力します。
にっしー(利尻森の雫)
2009年02月04日 22:23
>先生さん

こんばんは。
どうもありがとうございます。
ウニとコンブは自慢できるものではありますが
次に続くものが生み出せたらいいなと思います。

この記事へのトラックバック