オオハンゴンソウ

今、島内で一番たくさん見られる花ではないだろうか

画像


オオハンゴンソウ

ひまわりのちょいと小さいような花で
人の背丈ほどに大きく育っている。

まぁ、きれいなんですが・・・。

環境省の特定外来生物に指定されていて
利尻島では手作業で除去する作業が続いています。

暑いし、蚊は多いし、大きくて処分が大変だし・・・。
抜くのもえらいこっちゃです。

この花自身には抜かれるような罪はないのですが、
すべては人の所為です。

明日もオオハンゴンソウバスターズ出動か!


今日の気温(23時現在)
沓形(島西部)最高22.2℃ 最低20.7℃  
本泊(島北部)最高23.9℃ 最低21.8℃

最低気温が20℃超えというのもすごい
どうりで蒸し暑いのだ。


こちらもどうぞ
自然ガイド 利尻森の雫
http://www7b.biglobe.ne.jp/~rishirimorinoshizuku/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

先生
2008年08月13日 08:41
 ちょっと見ると、ニッコウキスゲじゃないかと見間違うけれど、やはり、外来種で、取り除くのですね。
 島だからいろんな意味で仕方ないのはよく分かります。  
 いい仕事、大事な仕事の中には、必ずこんなに迷う仕事もあります。
 暑い中がんばって・・・
にっしー(利尻森の雫)
2008年08月14日 22:53
>先生さん

こんばんは。
応援いただきありがとうございます。
2008年08月15日 09:05
オオハンゴンソウバスターズ出動!ご苦労様です。
外来植物の繁茂は従来の植物を駆逐してしまいます。
こちらではオオダカアワダチソウが繁茂して雑草の住み分けが
進んでしまい元へは戻りません。
元の自然が変化しないよう活動するのも大変ですね。
にっしー(利尻森の雫)
2008年08月16日 21:18
>ログの大好きな徳さん さん

こんばんは。
今あるものを崩していくのは簡単ですが、
一度崩れたものを復元していくのは大変です。

この記事へのトラックバック