アースデイ リィ・シリ2008開催

島の南東部にある南浜湿原を舞台に
アースデイ リィ・シリ2008「みんなで抜こう、オオハンゴンソウ」が
開催されました。

アースデイは「地球のことを考えて行動する日」で国内外で
さまざまな環境をテーマにした活動が行われています。

利尻島でも昨年から実施。
今年は湿原の観察会や外来種オオハンゴンソウの駆除体験を通して
外来種が及ぼす影響などについて考えてみました。

画像


これがオオハンゴンソウの花です。

画像


今はまだ花の季節ではないので、
こんな感じです。

画像


みなさん草抜きなどの道具を手にせっせと駆除作業です。

あいにくの雨で作業は1時間ほどで終わりましたが
1045本を駆除しました。

来年のアースデイ リィ・シリは何にしようかなー
早くもいろいろと企画が思いついてきます。

今日の気温(22時現在)
沓形(島西部)最高17.5℃ 最低11.2℃  
本泊(島北部)最高18.1℃ 最低 8.5℃

こちらもどうぞ
自然ガイド 利尻森の雫
http://www7b.biglobe.ne.jp/~rishirimorinoshizuku/

この記事へのコメント

なぎママ
2008年05月26日 07:22
太陽をイメージできるような黄色いお花。お花はとってもきれいでも、外来種が及ぼす影響は、計り知れないようですね!!

お疲れ様でした。
先生
2008年05月26日 22:52
 外来種はやはり日本になじまないと思います。駆除も仕方ないでしょう。
 ブラックバスなど生態系を壊しています。
 実家のたんぼ(休耕田です)にセイタカアワダチソウが生えていて、荒れた感じがします。でもものの本によるとセイタカアワダチソウは必ずしも嫌われものではなく、戦前は育てていた人もいたそうです。かって、「セイタカアワダチソウ撲滅月間」というポスターを見たことがありますが、そこまでは、今のところないようです。
 尾瀬に行くとき、入り口で、他の植物の種を持ち込まないようによく衣服をたたくようにとありましたが、利尻、礼文島もした方ががいいかも。
にっしー(利尻森の雫)
2008年05月27日 21:59
>なぎママさん

こんばんは。
花には罪はないのですが・・・
にっしー(利尻森の雫)
2008年05月27日 22:03
>先生さん

こんばんは。
駆除は仕方がないことなのですが
すべては人間の都合で左右されている
彼らも非常に迷惑なことではないかと思います。

利尻島からオオハンゴンソウが消える頃
今度はアラゲオオハンゴンソウの園芸種を
駆除していたりしてと思うのです。
森のどんぐり屋
2008年05月30日 10:46
こういうことは、まったく持って難しい問題ですね。
セイタカアワダチソウも、あれだけすごかったのに、またススキが勢いを盛り返しています。
そういったうまくいく例ばかりではないのが、つらいところですけど・・・
にっしー(利尻森の雫)
2008年05月30日 22:20
>森のどんぐり屋さん

こんばんは。

難しいです・・・。

当地ではオオハンゴンソウを除去したところは
元々の植生にあった自生の種がうまい具合に
入ってきています。

この記事へのトラックバック